---------- サイトメニュー --------------------------------------------------------------

トップ(ホーム)軽自動車の保険料率軽の4ナンバーお得度代理店型の長所・短所

軽自動車こそ各社の比較が大切

軽自動車 保険

車の保険全体の相場の知り、最適・最安を選ぶには一括見積もりが必須になりました。


一括見積もり利用の流れは次のようになります。

■事前に手もとに用意するもの
免許証、車検証、現在加入の保険証券


軽自動車の保険は普通車より安いというイメージがありませんか?

軽自動車の保険は割安でどこでもそんなに違いが無いと思われがちです。
でもその先入観が保険料払いすぎの原因になっているかもしれません。

不安なら、一度一括見積もりで各社の相場を比較してみるのがおすすめです。
同条件で保険料の差が倍以上になることもあり想像以上の違いに驚くと思います。


維持費の安い軽自動車こそ保険もきちんと安いものを選びたいものです。

現在、自動車保険を扱う保険会社は24社。
1社ずつの比較は大変ですが、一括見積もりなら簡単・便利に相場がわかります。

経済的な軽自動車にこそエコノミーな保険が似合います。



一括見積もりの詳細はこちら こちら 【無料】最大20社の自動車保険を一括見積もり



※無料一括見積もりサービスは利用も簡単、免許証、車検証、保険証券を準備し5分〜15分程度で入力完了です。

軽自動車には通販型が似合います


高い保険料は燃費・維持費など軽自動車のメリットを帳消しにします。
軽自動車こそ手間を惜しまず各社の保険料を比較して見ませんか。

一括見積もりをしてみると、相場の安い保険はほとんどが通販型になります。
代理店型だと軽でも条件によっては年間10万円を越すことも珍しくありません。

通販型に「こんなに安くて大丈夫だろうか?」という不安を感じるかもしれません。
でも通販型も代理店型も金融庁認可の同格の保険事業であり、
販売形態以外の基本部分に違いがあるわけではありません。

まさにその販売形態の違いが通販型が安くなる理由になっています。

安くなる最も大きい理由は支店経費など中間経費を省いて直接取引を行っていることです。
中でも代理店手数料は保険料の20%になるのでこの差は決定的です。
代理店型が5万円の場合、通販型は手数料20%分をはずすだけで4万円になります。

省いた中間経費を保険料の低減やサービス充実に充てているのが通販型です。



軽自動車こそ各社の比較が大切


軽自動車の保険は普通車より安いというイメージがありませんか?

軽自動車の保険は割安でどこでもそんなに違いが無いと思われがちです。
でもその先入観が保険料払いすぎの原因になっているかもしれません。

不安なら、一度一括見積もりで各社の相場を比較してみるのがおすすめです。
同条件で保険料の差が倍以上になることもあり想像以上の違いに驚くと思います。

維持費の安い軽自動車こそ保険もきちんと安いものを選びたいものです。

現在、自動車保険を扱う保険会社は24社。
1社ずつの比較は大変ですが、一括見積もりなら簡単・便利に相場がわかります。

経済的な軽自動車にこそエコノミーな保険が似合います。


※値落ちの小さい軽自動車は多くの買取店の査定額を比較して高額に売却できる可能性が高いですよ。


通販型の事故対応


「事故対応は保険会社が直接行う」のは代理店型でも通販型でも同じことです。

プロ代理店だからといって代理店が事故対応のあっせんや仲介を行なえば法律違反になります。 事故の時の代理店のメリットはあくまでも「アドバイス」です。

ネットで「代理店の方が安心」だが「代理店探しが重要」というコメントが多いのは、アメリカなどと違い専業のプロ代理店が少ない(10%)という日本の自動車保険市場の事情があるからです。

代理店型が安心というのは、プロのアドバイスが可能な専業代理店に恵まれた時の話だと考えるべきです。

通販型は、事故対応24時間365日受付、初期対応365日実施、豊富な無料ロードサービスなど顧客全員が均一のサービスを受けられるしくみになっているのがメリットでしょう。

(※初期対応…事故直後の対応アドバイス、警察や病院への連絡、修理工場の手配など)


※車のこんな話どうかな?
ローン清算のために高額査定を目指すというのはローンが残っている車を売却する時の重要なポイントです。 差額の現金持ち出しを少なくできるからです。

Copyright © 軽自動車 保険の相場 All Rights Reserved.